また読みたい記事。

29
記事

#labo.04  ネタに困ったときの整理法について

こんにちは、松田紀子です。
前回の更新からずいぶんと日が経ってしまい、申し訳ありません。

みなさん大なり小なり、不自由な日々を送っていらっしゃることだと思いますが、体調第一、メンタル第一で参りましょうね。

明けない夜はない、やまない雨はない。

今回は、コミックエッセイを描く上で、「ネタに困ったときの整理法」をご紹介します。

私がコミックエッセイ編集者だったころは、まず、作家さんに、

「ひ

もっとみる
良いことありますように!
38

「退屈」と「暇」の価値を「Well-Being」と「アート思考」から見直す。

お疲れさまです。uni'que若宮です。

自粛生活も早2ヶ月近く、せっかくのGWもどこも出かけられず、、、退屈だわ、、、暇だわ、、、とストレスが溜まっている方も多いと思います。

「飽き」と「退屈」と「暇」

「飽き」と「退屈」と「暇」という似たような言葉があります。どれもわくわく楽しい状態の対義語ではありますが、それぞれ少しずつ違いがあります。

まず「することdoing」の量のちがい。「do

もっとみる
スキあらばまたいつでもスキしてください!
86

恥ずかしくて、ほとんど人にしたことがない話

周りの人からみると大したことではなくても、なぜか恥ずかしくて言えないことというのが存在する。

 コルクは、行動指針の一つ目を「さらけだす」とした。社員にさらけだしてもらうためには、僕自身も勝手に恥ずかしがっていないで、そういう気持ちをしっかり言語化していかねばならない。それで、やっと書く気になれた。

 僕は小説家を目指していた。講談社に入社する時も、退社は小説家になってだと思っていた。ベンチャ

もっとみる
ありがとう!コメントももらえると嬉しいです!
306

「地獄の現場」で父から学んだこと

高井少年の看板屋回顧録

「好きな季節は?」なんて定番の話題がありますよね。
私は断然、「春派」だ。秋もいい。夏もギリギリ許す。
だが、冬、お前はダメだ。
暑さ・寒さへの耐久度とか、花粉症の有無とか、好きな季節はいろいろ要素で決まるのだろう。人の好みに口を挟むつもりは毛頭ない。
でも、この手の雑談で「冬派」が「キリっと空気が冷えて澄んだ感じが好き」とかおっしゃるのを聞くと、毎度、私は思う。

「あ

もっとみる
感謝!感激!雨!霰!
38

「困難こそ成長の機会」脇屋友詞が巨匠と呼ばれても挑戦を続ける理由

この取材が行われた2020年3月下旬。

62回目の誕生日を迎えた数日後の脇屋シェフは、「Facebookを始めたんだ」と取材陣に教えてくださいました。

15歳で中国料理の道に進み巨匠と呼ばれるようになった今でも、「一生勉強」と軽やかに笑い、新しいことにもどんどんチャレンジしていく脇屋シェフ。

この度、このWakiyaファンクラブにて新しく連載が始まります。

月日がたっても「決して楽ではなか

もっとみる

#車いすラグビー豆知識 まとめ ①〜㉛(10/18追記!)

Twitterで車いすラグビーの豆知識を書いているのでこちらにもまとめます!

"豆知識"と言いつつだいぶマニアックですが…笑

また追加したら適宜追記します!

【車いすラグビー豆知識①ボール】 
車いすラグビーは「ラグビー」と呼ばれますが、ボールは楕円ではなく球。バレーボールの5号球と同じサイズですが車いすラグビー専用球。選手は手にも障害があるため、滑りにくい素材で作られています。
写真はサイ

もっとみる
あなたには【パラバドミントン】がおすすめ♡
58

フォロワーさんが急に10倍以上になった理由を考えてみた。

3つ前の投稿をしてから、ありがたいことに急にフォロワーさんが増え続けています。

去年の5月にnoteを始めてから今年最初の投稿までわずか66人だったのに、3つ前の投稿をしてからたったの3週間でもう10倍以上の700人を超えて、なおまだ増え続けていて、自分でも大層びっくりしています。

新しくフォローしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。

しかし、一体なぜ突然こんなにもフォロワーさん

もっとみる
嬉しいです!他の記事も読んでみてくださいね*\(^o^)/*
95

コルクラボマンガ専科 第一期①「いま、マンガ家を目指す君へ」

コルクラボ専科マンガコース(通称 コルクラボマンガ専科)は、サディことコルクの佐渡島庸平さんが立ち上げた、プロのマンガ家を本気で目指す人たちが学ぶ場所です。参加者は「表現力」「技術」「マンガ家としていきていくための知識」を、約6ヶ月をかけて習得します。

2019年3月7日、一期生50人が初めて集合しました。このnoteでは、初回講座で得た学びを、ライターチームの きゅうたろう の目線で一部ご紹介

もっとみる

良いアイデアいりません

仕事で書き物をやっていて、特にマンガや小説などのフィクションを作っている人が、たまに言われることがある。

「いいアイデアあるんだけどあげようか?」

 これを言われた人の結構な割合がムッとしている。

 いらないからだ。

 創作者(上から目線で嫌な言葉ですね)に、アイデアがない人などいないのである。
 小説家なら「小説のアイデア」を10個や100個持っていて当たり前だし、マンガ家は「マンガのア

もっとみる
50m先の自動ドア開きそうなくらい存在感あるね!
1168

みんな違って、みんな面白い。

〜漫画家さんとのやりとりで気をつけていること。④〜

先日、東京ネームタンクのごとうさんがこんなツイートをされていました。

漫画には「共感型」と「興味型」があるということ。そして、それが知られていない危機感についても触れられています。

この話題については僕も思うところがあるので、僕は漫画編集者の立場からになりますが、今日はこの「タイプ」のことについて書いてみます。

答えがない世界だからこそ一

もっとみる
ありがとうございます!感想も待ってますm(_ _)m
262