私はあの子の…

画像1 わかんなくなってきたな…
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいたお気持ちは、すべて、マンガの材料になる『本』(まんがではなく本)とホラー映画につかわせていただいております。いつもありがとうございます!

つまり…なるほど…そういうことか…ハハハ
85
マンガ家です。元書店員。 noteは面白いマンガを描くための考えやプロセスを見てもらいたくて描いています。エージェント会社コルク所属。 通販→https://corkshop.stores.jp/?category_id=5d720262e4fc3943a9683fa5

こちらでもピックアップされています

くまちゃん、書店で働く。
くまちゃん、書店で働く。
  • 264本

くまちゃんが書店で働くシリーズの4コマ漫画です。

コメント (5)
「あんた、あの子のなんなのさ」(古くて誰もわからん)
小李ちさとさん、完全に保護者になってきちゃってます…笑
もはや甥っ子のような存在に…(´・ω・`)笑
ソエムさん、タイトルをあの子のなんのさ、にしようと一瞬思いましたが僕も世代ではないのでやめました…笑
竹さん、…話して、一緒に働く…別のことろに住んでるペットです…w(ペットとはw)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。