くまちゃんの読書生活、の回

画像1 僕もくまちゃんみたいに面白かった本に似てる本、同じ作者の本を探したり、好きな本を紹介してる人がいれば同じ枠で紹介されてる本を買ってみたりして、自分の好みってなんだろう、と探求しています。くまちゃんが読んでいたのは“安徳天皇漂海記”宇月原 晴明著:中公文庫、です。
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいたお気持ちは、すべて、マンガの材料になる『本』(まんがではなく本)とホラー映画につかわせていただいております。いつもありがとうございます!

読んでくれたんだ。
102
マンガ家です。元書店員。 noteは面白いマンガを描くための考えやプロセスを見てもらいたくて描いています。エージェント会社コルク所属。 通販→https://corkshop.stores.jp/?category_id=5d720262e4fc3943a9683fa5

こちらでもピックアップされています

くまちゃん、書店で働く。
くまちゃん、書店で働く。
  • 264本

くまちゃんが書店で働くシリーズの4コマ漫画です。

コメント (2)
私ももっとその内容関連が読みたかったりすると、その本の最後に載っている「参考文献」を次に買ったりします。
昔「知ってるつもり」ってテレビで気になったテーマの時は、エンドロールで流れてくる参考文献もメモってました!
結果、私はどうも「史実に基づいた創作小説系」が好きなようです♪
マンガで言えば「アドルフに告ぐ」や「ベルばら」みたいな。
かるてっとんさん、参考文献がついてる小説はいいですよね、そこから探すとよりコアなものがみつかったりしますし…。「知ってるつもり」では参考文献がでてたんですね…!そう思うといまって参考文献をかいてる番組なんてほとんどないですね…。気になることはネットで…なんでしょうか笑。
自分の好みって意外とわからないですよね、そうやって探求して、どうも私はこういうのが…という第三者的な見方をする必要がありますよね。広い意味でいうと「アドルフに告ぐ」なんかは伝奇的要素が強いのでくまちゃんも好きかもしれないです笑
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。