僕は渋谷駅が嫌いだ。
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

僕は渋谷駅が嫌いだ。

とつぜんだが、僕は渋谷駅が嫌いだ。

マンガを描きに行っていたコルクから帰るとき、僕は渋谷駅から帰ることが多かった。

特に副都心線の渋谷駅は地下深く、ハチ公のある口から地下に降りるとかなり遠い。改札までかなり歩いて、さらに何度も階段やエスカレーターを降りる。人も多くて、いつもうんざりする。一番嫌いなのは「新宿三丁目どまり」という、渋谷の2駅先で止まる電車が多いことだ。2駅で止まってそこで降りて、後続の電車を待つ。もんのすごおくめんどくさい。

だからほんとはコルクからは、渋谷駅から反対へ同じくらい歩いたところにある明治神宮前の駅から帰るほうが好きだ。

だけれども、僕はここ数か月、渋谷から帰る日が多かった。


コロナ禍の前、渋谷にあるコルクに通っているころ、夜10時過ぎまで作業をして、マンガ家仲間のつのだふむさんとよく一緒に帰っていた。

つのだふむさんとは同じころにコルクで漫画を描きだして、同じ時期に同じメディアにマンガを連載する仲間だ。

お互い、ブルーライトの見すぎで目がしばしばする帰り道。
連載準備が遅々として進まず「やばいね」「終わる気がしない」とか、「売れたらコルクに社食をつけたい」とか「おれが偉そうになってたら注意してよ」とか「コルク荘の連中は」とか、そんなことを話しながら帰っていた。

その時間が僕にはとても楽しかった。
その時間のために、僕は嫌いな渋谷駅から帰っていた。


今日、この1年間コルクで一緒にマンガを描いてきたふむさんの連載が始まった。

タイトルは「りさこのルール」。
偉人や有名人の名言ばかりを口にして、自分の言葉をもたない男、“園田”がりさこという女性に出会って自分の言葉を得ていく物語だ。
この主人公の園田は、少し前のふむさん本人だ。ちょっと大げさで、どこか人に借りてきた言葉で話していた言葉を、少しずつ、自分の経験と行動で自分だけの言葉に置き換えてきた。

僕は0時になった瞬間にLINEマンガを開いて、読んでは片っ端からハートをつけていった。本当に、この1年間、直して直して磨いてきたこのマンガがたくさんの人に読まれてほしいと思う。

画像1







==========ここまで読んでくれてありがとう。

ここから先は僕の制作の過程や設定資料、未公開コンテンツを載せた購読者限定の記事です。

限定部分もくじ
・4/21の日記
・4/22の予定
・コッぺくん連載前の2019年2月12日のネーム5P

ここから限定公開↓↓↓==========

この続きをみるには

この続き: 715文字 / 画像8枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
やじまの連載マンガをもっと楽しみたい人、やじまを応援したい人、マンガ家を目指す人に参考になることがもしかしたらあるかもしれないマガジンです。

おおっぴらには公開できないおしごとや連載準備中のネームをたまに、週に1度1週間分の振り返りマンガを公開します。マガジン購読者さん、ありがと…

この記事が参加している募集

私のイチオシ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
やじま けんじ

サポートいただいたお気持ちは、すべて、マンガの材料になる『本』(まんがではなく本)とホラー映画につかわせていただいております。いつもありがとうございます!

ヒッ…読んでくれたの…!?
マンガ家です。noteはマンガや描くための考え、ネーム、エッセイなどなど。コルク所属。 物販ストア→https://corkstore.jp/pages/kenji-yajima