殺人が起きたときに、集められて自称探偵の見当違いの推理を聞かされる容疑者達

画像1 こいつ、何言ってんだ?っていうみんなの気持ち。
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいたお気持ちは、すべて、マンガの材料になる『本』(まんがではなく本)とホラー映画につかわせていただいております。いつもありがとうございます!

ありがと…
53
マンガ家です。元書店員。 noteは面白いマンガを描くための考えやプロセスを見てもらいたくて描いています。エージェント会社コルク所属。 通販→https://corkshop.stores.jp/?category_id=5d720262e4fc3943a9683fa5

こちらでもピックアップされています

ひとびと。
ひとびと。
  • 16本

人々の日常的な出来事のマンガです。

コメント (11)
ひさつぐさん、本人記憶があるの、不思議ですね、推理する自分を俯瞰している。
ヒカルの碁、みたいに霊に従って囲碁やってたら結果的に打つの強くなった、みたいな感じもありですねwそのうちに自分の能力で解決できるようになるとムネアツ展開…w
つばめ食堂さん、コロンボは好きですが、さらば提督は思い出せません…。笑
やっぱり、それなりに意味のあるわけわかんないこといってないと、ほんとに「え?」ってなりますもんね…
あーー書いててどっかで見たことあるって思ったらヒカ碁でした!矢島商会さんが言ってくれてすっきり!!
うん、俯瞰しながら推理のコツや見落としちゃいけないことを覚えてっていつか実質的に本物になったら確かに胸アツ展開!!しかしそこでどっちが「探偵」するのか毎回もめてるとニヤニヤします、うふふー(*´ω`*)
ひさつぐさん、ヒカルの碁ですよ!でもきっといつか探偵の幽霊が成仏してしまって、自分ひとりの力でやらなきゃっていうときがくるんですよね…泣ける…ドラえもん帰っちゃったのび太しかりw
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。