【エッセイ】スケジュールには量だけでなくて質がある。
見出し画像

【エッセイ】スケジュールには量だけでなくて質がある。

スケジュールを切るのが下手くそだ。

いろんなものを同時に進めて、結局どれもあんまり進んでない、みたいなことが最近すごく起きてる。

登山とシュノーケリングとお花見の準備を同時に進めて、どれも中途半端な状態みたいな、そんな感じ。それで、どれからやっていいかわかんなくなって、とりあえず全部手放して置いてる状態が今。。

そのことを編集の佐渡島さんに相談したところ、意外なことにほとんどの人がスケジュールを立てることがうまく行っていないのだという。

スケジュールを立てるのが苦手だと感じるのは、単に経験値が少ないからだと言う。

うまく行っている人は

何をどうやると、気分転換になり、どうやると一石三鳥になるか。

そう言うことを考えていると言うのだ。


それを聞いて気づいたのが、自分はスケジュールに収める仕事を「定型」で認識しているということだ。

仕事というブロックをチーズのように切り分けて、それをいかに綺麗に入れ物に入れるか。それをスケジュールを立てる、と言うのだと思っていた。

だけれどもどうやら違いそうな気がしてきた。

おそらくだけれども仕事には「質」がある。

どうしたらいいか、具体的にはまだ見えてこないけれど、無造作に並べるだけではなく、質に気をつけてやってみたいと思った。







この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
やじま けんじ

サポートいただいたお気持ちは、すべて、マンガの材料になる『本』(まんがではなく本)とホラー映画につかわせていただいております。いつもありがとうございます!

ヒゲって何歳から生えるか知ってる?
マンガ家です。noteはマンガや描くための考え、ネーム、エッセイなどなど。コルク所属。 物販ストア→https://corkstore.jp/pages/kenji-yajima