【マンガ研究】継続したい人は、「高跳び」ではなく「ハードル走」の気持ちでやれるといい。
見出し画像

【マンガ研究】継続したい人は、「高跳び」ではなく「ハードル走」の気持ちでやれるといい。

noteを毎日書きたい!

マンガを毎日載せたい!

日記を毎日続けたい!

って思うのに出来ないことないですか、それ、

「高跳び」の考え方でやってるのが原因のことがあります。



どういうことや、っていうかやじま、お前に何がわかんのや、、って思うかも知れないのですが、


あくまで、やじまが2018年から1年半4コマと1pマンガを、(意思を持って途中から週に4pを2本に変えました)

そして、今年の頭から今日まで毎日4コマと一枚イラストを更新してて、気づいたことがあるのでそれをもとに考えたこととして書きます。※他のお仕事もしてます、一応。


で、本題ですが、まず、毎日更新したほうがいいなー続けられるなーと思ったのは冒頭に書いたとおり「高跳び」の考え方にならないで済むからです。

どういうことかというと、

例えばなんですけど、毎日あげてれば面白い日と面白くない日とあっても、毎日のことなんで多少許容できると思うんですが、


週に1回だと「ある程度面白いもの」じゃないとだめな気がしてきません?


も少し気持ちを具体的にいうと

1週間に1回の更新がこれじゃちょっとな…もうちょい練るか…っとなって、自分への期待、完成物へのハードルがあがってっちゃう。

すると、自分の期待でドンドン高くなったハードルを越えないと出せないってことになっちゃう。

すると来週、また来週、、となって結局始められない。


それが、毎日やってると、上手くいってもいかなくてもドンドン描かないと追いつかない。

ハードル走のように、ハードルを一つ倒しても次のがすぐ来るので超えなきゃいけない。

一つ一つの失敗や成功にとらわれすぎないで済むんです。

つまり、毎回の自分に「期待しすぎない」で済むんです。

それに「やること」が決まってるからもうやる内容を考えればいい。

「やるかやらないか」っていう創作以前のことに悩まないで済むんです。

なので僕は、本当に継続したいこと、なんとか成功させたいことは「ハードル走」の思考で毎日やるとよさそうだな、と思っています。

継続したいときは

「一つのハードルを高く跳ぶ」

ことではなくて

「一つのハードルを倒しても走り続ける」

を目標にすると、いいんじゃないかと思いました。




こちらから下はマガジン購読者してくれてるあなたにお見せしちゃう。
やじまの今日の予定と、昨日やったネームです。
この記事のヘッダーになってるマンガもあります。


3/2の日記
昨日やったネーム(1本、10P分程度)
3/3の予定。

===================

この続きをみるには

この続き: 502文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
やじまの連載マンガをもっと楽しみたい人、やじまを応援したい人、マンガ家を目指す人に参考になることがもしかしたらあるかもしれないマガジンです。

おおっぴらには公開できないおしごとや連載準備中のネームをたまに、週に1度1週間分の振り返りマンガを公開します。マガジン購読者さん、ありがと…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
やじま けんじ

サポートいただいたお気持ちは、すべて、マンガの材料になる『本』(まんがではなく本)とホラー映画につかわせていただいております。いつもありがとうございます!

読んでくれたんだ。
マンガ家です。noteはマンガや描くための考え、ネーム、エッセイなどなど。コルク所属。 物販ストア→https://corkstore.jp/pages/kenji-yajima